• 印刷する

テイクオフ:初めて移り住んだデリー…

初めて移り住んだデリー首都圏の部屋。「蛇口のフィルターは定期的に掃除するように」と言いながら大家が実際にやってみせてくれた。そこから出てきた小さな石や何か分からない緑の物体を見て、インドの水道水の品質を改めて実感した。

もちろん水道水を直接飲むことはできず、浄水器を通ってきた水やペットボトル入りの水を料理や飲用水に活用する。どこまで信頼できるかわからないが、精神衛生上「大丈夫だ」と信じ込むようにしている。

そんな中、東部オリッサ州のプリの水道水が、蛇口から直接飲める水準の品質に達したという。州首相によると、「インドで初めて」ロンドンやニューヨークと並び、24時間高品質な水道水を供給する都市となった。本当に直接飲めるくらい水道水が綺麗なら、引っ越したいくらいだ。観光客も400カ所の水くみ場を利用できるというので、試しに訪れてみたい。(榎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アカツキ、日本のアニメ・キャラをインドへ(18:47)

テイクオフ:当地へ移り住むと決まっ…(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

ダイキアクシス、北部に浄化槽工場(09/22)

日立造船、マハ州初のごみ焼却発電所を受注(09/22)

ヤマハ、スポーツバイクの新モデルを発売(09/22)

地場電動二輪、半年で15億ルピー投資へ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン