大幅続落、騰訊処分で年初来安値=香港株式

26日の香港株式市場は大幅続落した。中国本土当局が先週末、独占禁止法に違反したとして、本土IT大手の騰訊(テンセント)への行政処分を決めたことが嫌気され、ハンセン指数は500ポイント近く下げて開始。相次ぐ本土当局の規制強化に投資家心理は冷え込み、大引けは1000ポイント…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:甘党にとって中秋節はう…(09/23)

住宅問題、業界に圧力じわり 政策の焦点に、中央が介入説も(09/23)

企業・個人への融資支援、6カ月延長(09/23)

香港社など3者、洋上データセンター建設へ(09/23)

反発、ハンセン指数は0.5%高=香港株式(09/23)

工銀アジア、ブロックチェーンで信用状取引(09/23)

2日で2人感染、域内ゼロ=計1万2167人(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン