軽症者向け病床利用率は減少傾向に

インドネシアの新型コロナウイルス感染者を受け入れる病院で、比較的軽症患者の隔離病床の利用率が低下傾向にある。首都ジャカルタ特別州の病床利用率は25日時点で78%。1週間前の19日時点の80%台から70%台に低下した。一方で、集中治療室(ICU)の利用率は80%を超え、依然…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都南郊デポック、10月に通行規制へ(15:51)

四輪販売MPM、中古車販売サイトを開設(14:30)

テイクオフ:小田実の旅行記『何でも…(09/23)

【アジア本NOW】『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』(09/23)

NTT、3カ所目を近く稼働 データセンターの開設相次ぐ(09/23)

来年の祝祭日、レバランは5月2~3日に(09/23)

アジア21年成長率引き下げ、7.1%予想(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン