中銀の経済分析システム、日本支援で始動

カンボジア国立銀行(中央銀行)は、アジア開発銀行(ADB)と日本政府の支援を受け、「マクロ経済監視データベース・システム(MSDS)」を構築した。同システムは国内の経済、金融状況を監視し、分析に必要なデータを提供する狙いで、オンラインを通じて試験的な運用を開始…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(09/18)

米フォード組立工場、地場RMAが来年稼働(09/17)

22年最賃協議開始、雇用側は引き下げ提案(09/17)

6~11歳へのワクチン接種、17日開始へ(09/17)

【カンボジア経済通信】フィンテックやオンライン医療が進展 第373回(09/17)

デジタル化促進で協力模索、タイ政府と協議(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン