• 印刷する

テイクオフ:ついに開幕した東京五輪…

ついに開幕した東京五輪だが、アーチェリーの試合で競技中に選手が倒れてしまうほど猛暑による影響が出ているというニュースがちらほら聞こえてくる。

ただ、暑さで言えば韓国も負けてはいない。最高気温がここ数日は35度を超える「猛暑日」が続く。日中は外にいるとまるで肌が焼けるような感覚を覚えるほどで、路面には蜃気楼(しんきろう)の一種「逃げ水」が見える。夜間も「熱帯夜」の基準となる25度以上の日が多く、毎日冷房のお世話になっている。

その一方で、炎天下でも日陰に入れば暑さはかなり和らぎ、風が吹けばむしろ涼しく感じることすらあるのが幸いか。日本ほど湿度が高くないことが影響しているのだろう。

新型コロナウイルス感染症の再流行で自宅にとどまる時間が増え、炎天下にさらされる日は大幅に減ったが、外出時には日差し対策が欠かせない。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、1716人増(13:35)

ワクチン1回目2万7000人増、接種率71.2%(13:35)

テイクオフ:「今回は強敵すぎて、闘…(09/23)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「見えない商品、自販機で」「犬型ロボ、現場のお供に」(09/23)

「公共」出前アプリが続々 加盟店の負担減、地域経済に貢献(09/23)

コロナ新規感染者、1720人増(09/23)

10月にも韓国とのFTA調印へ、商業省(09/23)

ワクチン1回目6525人増、接種率71.2%(09/23)

LGエナジー、中国製錬企業の株式取得(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン