• 印刷する

テイクオフ:「いろいろありましたが…

「いろいろありましたが」という枕ことばが付く東京オリンピックが開幕して4日たつ。インドネシアでも開会式のようすは翌朝の現地紙の一面を飾った。一方、感染者数が高止まりして活動制限が続き、人と会う約束すら立てられないインドネシアにいると、世界中の人が一堂に会する光景は別世界のよう。

人々が自由に往来するグローバルな時代に発生した世界的な新型コロナウイルスの流行は、流れに反するように国境を閉ざし、人々の活動範囲をもっともっと小さな範囲へと押し込め、気持ちをも内向きにするよう作用した。

オリンピックが開催されても、自宅観戦では実際の行動範囲は広がらず、懸案のコロナも収束するわけではない。それでもふさぎ込まれた雰囲気の中に光が差すかもしれないと、アスリートたちの活躍に今までにはない期待がかかっているのかもしれない。(純)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジョクジャカルタ空港鉄道、商業運転を開始(21:19)

観光地への道路でナンバー規制導入、首都(21:18)

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(09/18)

電子マネーの牙城切り崩しへ アストラペイが本格参入(09/17)

ビザ保有者の入国可に、ビザ申請受付も再開(09/17)

入国者にアプリ義務付け、空路17日から(09/17)

センディット1.5億ドル調達、ユニコーンに(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン