• 印刷する

テイクオフ:東京五輪の開会式が無観…

東京五輪の開会式が無観客で行われた。新型コロナ以外の要因もあり、「オリンピック楽しみ」の一言すら政治的な発言と捉えられかねない雰囲気だ。こんな五輪は今回限りで、3年後のパリ開催時にはコロナ禍からとっくに脱却していると願いたい。

インドネシアでは、ヒンズー正月(ニュピ)やイスラム教の断食明け大祭(レバラン)などの行事を今年もコロナ下で迎えた。昨年は「こんな特殊な環境での実施は一度限り」と思っていたが見通しが甘かった。先日の犠牲祭は昨年より行動制限が厳しく、近所では感染者が出たために食肉処理は中止となった。

インドネシア政府は15年後のオリンピック誘致を目指している。2036年といえば計画上では首都移転を進めている真っ最中。さまざまな課題はあろうが、多くの人が素直に「オリンピック楽しみ」と言える未来になってほしい。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都南郊デポック、10月に通行規制へ(15:51)

四輪販売MPM、中古車販売サイトを開設(14:30)

テイクオフ:小田実の旅行記『何でも…(09/23)

【アジア本NOW】『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』(09/23)

NTT、3カ所目を近く稼働 データセンターの開設相次ぐ(09/23)

来年の祝祭日、レバランは5月2~3日に(09/23)

アジア21年成長率引き下げ、7.1%予想(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン