台湾の21年成長率6.6%、米金融大手予測

米金融大手モルガン・スタンレーは、台湾の2021年の域内総生産(GDP)成長率を6.6%とする予測を発表した。世界平均を上回るとみている。蘋果日報が伝えた。 モルガン・スタンレーは「今後の新型コロナウイルスの感染状況を注視する必要がある」としながらも、コロナの域内感染…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

モデルナ製、75歳以上の2回目接種開始(09/17)

ゴゴロ、米ナスダックにSPAC上場へ(09/17)

新型コロナの域内感染、17日は2人(09/17)

4カ国から入国禁止、日本は対象外(09/17)

新iPhone、台湾各社に恩恵 TSMCなど、下期業績に貢献(09/17)

新型コロナの域内感染、16日は2人(09/17)

ワクチン約172万本、台湾に17日到着(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン