豪のLNG・石炭輸出に打撃 日本の排出削減目標で

日本政府が21日に発表した「エネルギー基本計画」の改正案の素案の中で、2030/31年度(30年4月~31年3月)までに液化天然ガス(LNG)や石炭、石油を燃料とする火力発電が総発電量に占める割合を41%に縮小し、再生可能エネルギーの割合を36~38%に高める方針を明らかにした…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪がXマス前に渡航再開か、日本も往来調整(19:33)

【有為転変】第167回 原子力潜水艦を導入せよ(その1)(19:33)

テイクオフ:ロックダウンで家人が図…(09/23)

メルボ北東部でM5.9の地震 過去最大の揺れ、建物に被害(09/23)

〔オセアニアン事件簿〕メルボの接種反対派、連日デモで逮捕者も(09/23)

NSW、接種証明とQRコード統合試験へ(09/23)

JAL、来年1月までのシドニー運航計画発表(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン