• 印刷する

CPIが6カ月連続上昇、6月は0.7%

香港政府統計処が22日発表した6月の総合消費者物価指数(総合CPI)は、前年同月比0.7%の上昇だった。6カ月連続のプラスとなったが、上昇率は前月を0.3ポイント下回った。

人口の半数を占める中低所得世帯(月平均支出6,500~2万7,999HKドル=約9万2,100~39万6,600円)を対象に算出した甲類消費者物価指数(甲類CPI、A類CPI)は1.3%上昇した。

政府による中低所得者向け生活支援補助金の影響を除いた指数の変動率(基本インフレ率)は0.4%の上昇だった。

総合CPIを品目別に見ると、電気・ガス・水道の上昇率が17.0%と最も大きかった。衣類・履物(3.2%上昇)、交通(2.5%上昇)なども上がった。一方、雑貨(2.9%下落)、住宅家賃(0.7%下落)などはマイナスだった。

1~6月の総合CPIは前年同期比1.0%上昇。同期の基本インフレ率は0.0%となった。

政府報道官は「経済の回復と輸入価格の上昇に伴い、短期的にインフレ圧力は一段と高まるだろう」と指摘。ただ、香港域内の経済活動がまだ完全には回復していないことから、当面は抑制された物価水準が続くとの見通しを示した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

「日本秋祭」香港で今年も 美食や文化、100以上のイベント(09/24)

新たに2人感染、域内ゼロ=累計1万2169人(09/24)

華人置業、中国恒大の全保有株を売却へ(09/24)

続伸、ハンセン指数は1.2%高=香港株式(09/24)

米インポッシブル、代替豚ひき肉を発売へ(09/24)

アップルが補償なく200人を解雇、労組訴え(09/24)

外国人家政婦の報酬2.6%増、入境規制で(09/24)

双十節祝賀で国安法違反も、保安局長が警告(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン