《安全》韓国企業が東南アで警戒強化、越工場停止も

世界各地でインド由来の新型コロナウイルス変異株「デルタ株」が急拡大しており、東南アジア・インド市場に拠点を持つ韓国企業が対応に迫られている。21日付韓国経済新聞が伝えた。 サムスン電子はこのほど、南部ホーチミンに近い生活家電工場の稼働を一時停止したもようだ。同国…

関連国・地域: 韓国ベトナムインドネシアインド
関連業種: 自動車・二輪車電機化学鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、1720人増(10:59)

ワクチン1回目6525人増、接種率71.2%(11:04)

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に(09/22)

JKN、通信インタッチの通販合弁を買収(09/22)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン