医薬品原薬の価格上昇、輸入停滞などが要因

インドで医薬品原薬(API)の価格が急騰している。主要調達先である中国からの供給停滞や、輸入時の物流コスト増が要因。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が20日に伝えた。 API価格の上昇率は、新型コロナウイルスの感染流行前と比べて6月時点で平均約50%を記録。値…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(08/02)

外国産食肉の輸入、一時的に停止へ(08/02)

若年女性に「韓流」浸透 コスメや食品も人気、影響が拡大(08/02)

タタ自の投資額、本年度は2900億ルピー(08/02)

ホンダコネクト、グーグルAI対応に(08/02)

ステランティス、印責任者を任命(08/02)

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(08/02)

二輪ヒーロー、メキシコで販売を開始(08/02)

二輪TVS、4~6月は5億ルピーの黒字(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン