• 印刷する

テイクオフ:政府が実施する新型コロ…

政府が実施する新型コロナ対策「活動制限」はインドネシア語でPPKMと略される。テレビやSNSで目にしない日はないほど、コロナ下で広まった言葉だ。新規感染者数が急増しPPKMの効果の見えない現状に、ネット上では「PPKMは何の略か」と皮肉を込めた大喜利が行われている。

「ゆっくりと死に至る(Pelan Pelan Kita Mati)」など、政府の社会保障の不十分さを批判する内容が多い。「大統領さん、いつ辞めるの(Pak Presiden Kapan Mundur)」は、ツイッターのトレンド入りしたほどだ。一方で「あなたを抱きしめたい(Pengen Peluk Kamu Mas)」とほほ笑ましい投稿も。移動制限で愛する人に長い間会えていないのだろうか。

外出できずストレスのたまる生活だが、くすりと笑わせてくれるインドネシア人のユーモアセンスに感謝しながら、自宅にこもり耐え忍ぶ。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国営建設2社に17兆ルピア 追加資本注入を国会が承認(09/24)

四輪販売MPM、中古車販売サイトを開設(09/24)

新車奢侈税減免措置、適用額は計130億円(09/24)

海底送電ケーブル、シンガポール社が投資(09/24)

印ズームカー、カーシェアリングで参入(09/24)

空港での政府アプリ利用、百万回を突破(09/24)

国鉄駅での抗原検査料4.5万ルピアに改定(09/24)

パナソニック、二槽式洗濯機を日本初輸出(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン