香港の事業リスクに米警告 追加制裁も、中国との対立先鋭化

香港を巡る米中の対立がさらに先鋭化した。バイデン米政権は16日、香港国家安全維持法(国安法)などにより、香港での事業リスクが高まっていると現地の米企業などに警告。同時に中国国務院(中央政府)の香港駐在高官7人を新たな制裁対象に加えた。中央政府と香港政府はこれに猛…

関連国・地域: 香港米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

越境理財通の商品販売始まる 認可銀行、ビジネス拡大に意欲(10/20)

警備大手、新ビデオ会議システム提供(10/20)

林鄭行政長官が骨折、公邸で転倒(10/20)

企業昇給率、21年は1.0%に低下(10/20)

新たに2人感染、域内ゼロ=累計1万2301人(10/20)

空港職員、PCR検査の間隔を短縮へ(10/20)

香港ディズニー、入場料を2段階の変動制に(10/20)

続伸、ハンセン指数は1.5%高=香港株式(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン