• 印刷する

TSMC、東京エレク・荏原などから設備購入

ファウンドリー(半導体の受託製造企業)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は、東京エレクトロンや荏原製作所などから半導体関連設備を購入したとこのほど発表した。購入総額は27億7,800万台湾元(約73億円)。

購入は主に昨年末から今年2月上旬にかけてで、2月2~10日に公表した。一連の調達で、金額が最大だったのは、東京エレクトロンの7億2,300万元。米独企業が続き、荏原は4番目の5億900万元だった。


関連国・地域: 台湾日本米国欧州
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、9日は2万3458人(15:37)

テイクオフ:日本に一時帰国すること…(08/09)

7月輸出額、2番目の高水準 433億米ドル、半導体は2桁増(08/09)

中国軍、台湾演習を継続=圧力常態化(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ミサイル台湾越え認める、国防部「厳密に把握」(08/09)

中国ミサイル脅威浮き彫り、米政権は関与で抑止(08/09)

中国軍事演習で懸念共有、外相が国連総長と会談(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン