「夜間経済」を振興へ 国家級集積地を200カ所形成

中国が夜間消費などを含む「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」の振興に乗り出す。中央政府は第一弾となる国家級の文化・観光消費集積地を全国に計200カ所以上設置する計画だ。夜間の消費を促し、国内全体の消費拡大を狙う。中国のナイトタイムエコノミーの市場規模は2021年に前…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

交通の新型インフラ建設加速、5カ年計画(09/24)

中台のTPP加入申請が波紋 批准11カ国、対応難しい局面に(09/24)

3回目のワクチン接種、10月11日に開始へ(09/24)

Z世代の勤務時間が短縮傾向 背景にライフスタイル重視か(09/24)

政策の一貫性保ち安定成長へ、常務会議(09/24)

華人置業、中国恒大の全保有株を売却へ(09/24)

政府、銀行の健全性を6等級で評価(09/24)

著作権産業の付加価値、GDP比7.5%へ(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン