• 印刷する

大規模ワクチン接種計画、首都で完了

カンボジア保健省は8日、首都プノンペンで18歳以上を対象とする新型コロナウイルスワクチン接種計画が完了したと発表した。プノンペン・ポスト(電子版)が同日伝えた。

保健省広報官によると、プノンペンでは2月10日から今月7日までに210万人以上がワクチン接種を受けた。この数は、2019年の国勢調査で記録されたプノンペンの成人人口を約21%上回る水準という。

保健省は現在、南部カンダル州やシアヌークビル州、タケオ州など14州での接種計画を進めており、ワクチンの到着状況によっては、今月中に国内全州で接種を開始できる見通し。北西部シエムレアプ州では、10日から本格的に接種を始めることを同州知事が発表している。

政府は年内に人口の62%に当たる1,000万人、来年前半には1,300万人への接種を完了する方針を示している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(00:21)

米フォード組立工場、地場RAMが来年稼働(09/17)

22年最賃協議開始、雇用側は引き下げ提案(09/17)

6~11歳へのワクチン接種、17日開始へ(09/17)

【カンボジア経済通信】フィンテックやオンライン医療が進展 第373回(09/17)

デジタル化促進で協力模索、タイ政府と協議(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン