首都LNG施設、中国海洋石油が出資検討

カンボジアの首都プノンペンで予定される液化天然ガス(LNG)ターミナルの建設事業に、中国国営の中国海洋石油(CNOOC)が出資する予定だ。同ターミナルには埠頭(ふとう)や貯蔵能力22万立方メートルの貯蔵タンクなどを整備し、最終的に年300万トンのLNGを輸入できる態…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

シエムレアプ市、全域レッドゾーンに指定か(09/21)

3回目のワクチン接種、10月開始へ(09/21)

衣類輸出は3%増、1~8月累計(09/21)

豪エメラルド、東部州の金鉱探査権を取得(09/20)

首都の新空港、1期工程の25%が完成(09/20)

外国人の受け入れ停止、観光事業者に不満(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン