• 印刷する

コロナ補助拡大へ、夏季料金6月不適用など

台湾行政院(内閣)は24日の行政院会(閣議)で、新型コロナウイルス感染症に対する個人向け支援の拡大案を閣議決定した。感染拡大の長期化による経済への影響を緩和する目的。電力使用量の多い夏季の電気料金体系を6月は適用しないことなどを打ち出した。

一般住宅を対象に、夏季の電気料金体系の6月の適用を取りやめる。約1,000万戸が対象となる見通し。サービス業や農業には、今年5~7月の電気料金を最高30%減額する。

公営事業の宿舎や、非公有不動産の賃貸物件については、現在実施している家賃2割の減額措置を22年6月まで延長。スタートアップ企業は、スタートアップ向け産業団地「林口新創園(スタートアップ・テラス)」、南港軟体工業園区(南港ソフトウエアパーク)、南部科学園区(南科)、高雄軟体科技園区(高雄ソフトウエアパーク)に入居する企業を対象に5~7月の賃料を5割減額する。

■遺族に10万元支給

コロナ死亡者の遺族には10万台湾元(約39万5,000円)の弔慰金を支給する。

パートタイムを含む一部非正規労働者には1人1万元を補助。労工保険(社会保険)に加入していない労働者への補助は、対象人数を47万5,000人から75万人に引き上げる。

このほか、自営業者と一定の雇用主を持たない労働者への補助や、労働者向け融資は20年の所得を基準とするなど、一部既存の補助の条件を緩和する計画。永久居留証を持つ外国人2万7,000人も新たにコロナ補助の対象に加える。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、30日は21人(07/30)

2QのGDP成長7.47%、11年ぶり高水準(07/30)

製造業半数、部品不足に懸念 コロナ長期化で、業績に影響も(07/30)

新型コロナの域内感染、29日は16人(07/30)

台北市、早ければ3日に店内利用再開も(07/30)

ワクチン接種率、10月末に60%へ=指揮中心(07/30)

外国人のワクチン接種登録、保険証なしも可に(07/30)

竹科拡張が通過、TSMC2ナノ拠点に前進(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン