• 印刷する

豪開発企とKPMGが世界初、建物品質を追跡

オーストラリアの不動産開発大手マーバックとコンサルティング大手KPMGが協業により、使用された建材や建設方法の記録を追跡し、建物の信頼性を証明するブロックチェーン(分散型台帳)ベースのプラットフォームを提供する計画だ。世界初の試みで、保険会社や投資家、不動産保有者などが、物件の質を評価し比較するのに役立つとみられる。24日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

プラットフォームは、設計、調達、建設、認証などの工程や、下請け業者の記録を全て追跡し、保持する。基本的な建設規範の順守状況を超えて建物を評価し、「壁の裏側」の情報を提供することができるようになるという。

両社は現在、ニューサウスウェールズ州政府向けに技術を開発中。機能検証を行うための試作モデルは6カ月以内に稼働開始する見込みで、いずれは国際市場での展開も視野に入れているという。

KPMGは「安全で基準を順守していると評価された同じ2つの建物でも、使用された建材や作業を行った人、実施された確認内容によって、プラットフォームでは全く異なる評価を受ける可能性もある」と説明した。

建設業界では、可燃性被覆材の利用や欠陥工事の問題が相次ぎ、消費者が多大な修繕コストを被ったり、建物の一部が保証の対象外になるなど課題が顕在化している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで全居住…(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

豪上場企、昨年度の増益率35% ロックダウンの影響は今後か(07/27)

州経済TASが6期連続1位、NSWは低迷(07/27)

今年の豪広告支出、復興早く9.1%増見込み(07/27)

住宅競売件数、ロックダウン下で減少(07/27)

シドニー都市封鎖、延長判断は29日までに(07/27)

VIC州、きょう都市封鎖解除の詳細発表(07/27)

SA州、規制導入も28日からロックダウン解除(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン