中銀が成長予測を下方修正、政策金利は維持

タイ中央銀行(BOT)は23日、金融政策委員会(MPC)を開き、政策金利(翌日物レポ金利)を現行の0.50%に据え置くことを全会一致で決めた。据え置きは9会合連続。 中銀は、新型コロナウイルス感染症の第3波の流行により、経済回復の遅れや不均衡が生じていると指摘した…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの1…(07/27)

日本企業、問われる人権方針 政府と市民の間で板挟みの事態も(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

感染者1.5万人超、累計50万人突破(26日)(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

スズキ、自動車の通年販売目標を据え置き(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

高架鉄道、乗客8割減も業績への影響軽微(07/27)

物流JWD、投資持ち株会社に36%出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン