• 印刷する

米半導体GFが工場拡張、40億米ドル投資

グローバルファウンドリーズがシンガポールで新設する製造工場のイメージ図(同社提供)

グローバルファウンドリーズがシンガポールで新設する製造工場のイメージ図(同社提供)

米半導体受託生産大手グローバルファウンドリーズ(GF)は22日、シンガポールの半導体製造拠点を拡張すると発表した。投資額は40億米ドル(約4,420億円)超。世界的に半導体需要が拡大する中、各地で増産体制を構築する計画の一環だ。

北部ウッドランズにある既存工場の敷地内に、2万3,000平方メートルのクリーンルームやオフィスを新設する。生産能力は300ミリメートルのウエハーで年間45万枚。2023年1~3月期の稼働を予定している。稼働後は約1,000人の雇用創出を見込む。

ウッドランズの既存工場の生産能力は、300ミリウエハーで年間72万枚、200ミリウエハーで同69万2,000枚。約4,800人を雇用している。

グローバルファウンドリーズは、シンガポールのほか、米国、ドイツにも製造拠点を置く。向こう8年間で世界の半導体の業界規模が2.1倍に拡大するとの試算があるのを受け、3拠点全てで生産能力の拡充を予定している。

グローバルファウンドリーズのトム・コールフィールド最高経営責任者(CEO)は、22日に行ったオンラインの起工式で「シンガポールの新製造設備を通じて、急成長する第5世代(5G)移動通信システムのモビリティー分野などの顧客の需要に応えていきたい」と語った。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で暮らしていたころ…(07/27)

6月製造業生産高28%上昇 バイオ医療が好調、反動増で(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

ヤマト、地場EC物流企業に出資(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

医療大手ラッフルズ、中間決算は2.3倍増益(07/27)

9月に入国制限緩和も、ワクチン接種完了者(07/27)

ワクチン接種率は人口の54%、保健相(07/27)

エムテック、グラブに約410億円出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン