• 印刷する

テイクオフ:インドで21日に実施さ…

インドで21日に実施された新型コロナウイルスワクチンの接種数が、860万回を超える記録的な回数となった。モディ首相は今月上旬、21日から18歳以上の全国民に対して中央政府がワクチンを無料で提供すると発表していた。その初日に、ワクチンの接種数が急増した。

感染対策の都市封鎖が各地で徐々に緩和されており、専門家は今後数カ月で第3波が来るかもしれないと警告している。避暑地として知られる北部の観光地で大規模渋滞が発生するなど、国内の人気観光地には観光客の姿が戻っている。

第3波は避けられない可能性があるが、年内に全ての国民にワクチンを接種するという野心的な目標に向け、政府はワクチン接種の加速に最善を尽くしている。起こりうる第3波を見越して、政府だけでなく国民も用心深く行動してくれることを願っている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スマホ出荷、4~6月は減速 第2波影響も打撃は予想下回る(08/06)

自動車業界、半導体不足で生産計画を縮小(08/06)

地場合板企業、54.8億ルピーで中質繊維工場(08/06)

東南アへワクチン供与拡大、中国外相(08/06)

スウィッギー、電動化で燃料大手合弁と提携(08/06)

太陽光パネルの輸入制限撤廃、業界は歓迎(08/06)

配電公社の赤字額、昨年度は9000億ルピー(08/06)

印アダニ、港湾開発は制裁に抵触しない(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン