臨港新区のごみ処理場試運転開始、年1.8万トン

中国(上海)自由貿易試験区(上海自貿区)の一角を占める臨港新区の管理委員会は17日、同区に新たに建設したごみ処理施設が試運転を始めたと発表した。稼働後の年間処理量は1万8,000トンを見込む。 稼働したのは「南匯新城鎮廃棄物生化処理中心」。好気性微生物によって処理を行…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州できょう、日系大手…(09/22)

中国との経済関係強化を急ぐ TPPの参加申請も近く決断か(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

上汽五菱、国産半導体9割に 需給逼迫受け海外依存脱却へ(09/22)

TPP加入、中国が正式申請(09/22)

チャウピュー開発、中国側が調査開始で契約(09/22)

「貿易障壁取り除く」習氏、TPP意識か(09/22)

対米追加関税の除外延長、81品目(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン