ワクチン接種登録率、地域によりばらつき

マレーシアで新型コロナウイルスワクチンの接種登録者が人口に占める比率がようやく6割を超えた。ただ、登録率は地域によってばらつきがある。首都圏で高水準に達する一方、所得が低くインフラ整備が遅れている遠隔地では低水準にとどまり、登録率の向上に向け一層の工夫が求めら…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ICU病床使用率100%超え 首都圏などで医療体制逼迫(07/30)

新規感染1.7万人、累計107.9万人(07/30)

緊急事態勅令の撤回、国王は同意せず=王室(07/30)

RM1=26.0円、$1=RM4.23(29日)(07/30)

ジョ州、「経済の最前線」向け接種を開始(07/30)

小売業の全従業員にワクチン接種義務付けへ(07/30)

デルタ株の感染者、新たに10人確認(07/30)

混合・追加接種の方向性、来週にも明らかに(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン