東北部で住宅開発が加速、コロナ後を見据え

タイ政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)によると、東北部のナコンラチャシマ、コンケン、ウドンタニの3県で住宅建築許可戸数が増加している。3県の開発業者が、新型コロナウイルスワクチンの接種完了後の需要回復を見込み、建設計画を加速しているため…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(07/30)

感染者1.9万人、死者も最多更新(7月31日)(07/31)

日本の鉄鋼輸出量、1~6月はタイが最多(07/30)

感染者1.7万人、14日連続1万人超(7月30日)(07/30)

成長見通し、下方修正相次ぐ 第3波で消費や観光への影響拡大(07/30)

首都などに夜間外出禁止令、来月12日まで(07/30)

感染者が1.8万人、死者も最多更新(29日)(07/30)

日本人専用のワクチン接種、8月初旬に開始(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン