法人税率15%合意の影響注視 識者、外資誘致策の効果相殺も

米欧日の主要7カ国(G7)が今月初旬の財務相会合で、法人税率の下限を15%とする案を支持し、世界的な税率引き下げ競争に歯止めを掛ける姿勢を打ち出した。今後、各国で15%をめどとした税率の適用が進んだ場合、基本的な法人税率を20%とするベトナムにとっては外資系企業の誘…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府、残業規制の緩和を検討 月間上限廃止、生産再開を支援(08/06)

市中感染7239人増、ホーチミンは減少の兆し(08/06)

東南アへワクチン供与拡大、中国外相(08/06)

中国製ワクチン、保健省が情報提供(08/06)

労食住集約の一律適用、見直し求める声も(08/06)

海外労働派遣の手数料に上限案、労働省(08/06)

カットライ港の貨物滞留で改善策、商工相(08/06)

ホーチミンの港湾停滞、韓国への波及懸念(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン