• 印刷する

1000万人へのワクチン接種、11月にも達成へ

カンボジアのフン・セン首相は14日、年内に約1,000万人への新型コロナウイルスワクチン接種を終える目標について、11月にも達成できるとの見通しを明らかにした。政府は年内に人口の62%に当たる1,000万人、来年前半には1,300万人への接種を完了する方針を示している。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

保健省が13日に発表した報告書によると、カンボジアでは同日までに293万9,543人が接種を受けた。同省広報官は、接種人数は向こう数日で300万人に達するとの見通しを示した。

保健省とともにワクチン接種を担当する国防省によると、市中感染が拡大した首都プノンペンでは、感染状況が深刻な地域に相当する「レッドゾーン」に指定された6地域で、5月1日から今月初旬にかけて14万1,550人が接種を受けた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

一部事業と集会の禁止、首都で2週間延長(07/27)

マンゴー輸出ほぼ倍増、中国向けが主流(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

中銀の経済分析システム、日本支援で始動(07/27)

ファーマニアガ、新興国向けにワクチン輸出も(07/27)

日本提供ワクチン、第1弾が首都に到着(07/26)

非公式部門の失業者、コロナ禍で600万人超(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン