大手財閥、太陽光の導入加速 商業施設に設置、コスト削減狙う

フィリピンの大手財閥は、グループ企業が展開する商業施設で太陽光発電の導入を加速している。ロビンソンズ・ランド(RLC)はこれまでに6万トン以上の二酸化炭素(CO2)を削減したほか、アヤラ・ランド(ALI)は2022年末までに温室効果ガスをゼロにする計画だ。東南アジ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末の朝、近所の家族が…(09/21)

対面授業再開へ、1年半ぶり 120校で試験導入、感染少ない地域(09/21)

遠隔授業でカンニング横行、SNS利用(09/21)

新型コロナ、新たに1万8937人感染(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

電子決済ペイマヤ、デジタル銀の免許取得(09/21)

ブラカン給水事業、23年に第3期開始(09/21)

GNパワー、石炭発電所の運転再延期(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン