フィリピン航空、月内に民事再生申請か

フィリピン航空(PAL)が、月内に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請する可能性が浮上している。地元紙スターが、航空業界のデータ分析を手掛ける英シリウムの分析を引用して報じた。 シリウムによると、民事再生の申請に向けた債権者との交渉が続いてい…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京五輪でフィリピン史…(08/03)

首都圏などの移動制限始まる 検問所で監視、夜間外出も規制(08/03)

新型コロナ、新たに8167人感染(08/03)

首都圏でICU病床追加、月内運用へ(08/03)

ワクチン接種、累計2000万回超え(08/03)

ワクチン接種義務化法案、下院で審議へ(08/03)

輸出業界、先進国の国境炭素税を警戒(08/03)

マカティ―BGC高架歩道、来年開通へ(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン