「ミャンマーを助けて」代表選で抗議活動

【共同】サッカーのワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー対キルギス戦が行われた11日、会場となった大阪市東住吉区のスタジアム周辺で、在日ミャンマー人らがクーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議活動を行った。参加者は「ミャンマーを助けて」と日本語と英語…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

政治発言避け、国民に感謝=バド女子選手(18:41)

日本政府、酸素濃縮器700台を提供へ(18:20)

インセイン刑務所でデモ勃発、弾圧激化懸念(18:20)

NLD幹部がコロナで死亡、収監先で感染(18:20)

ミャンマーから帰国時に6日間のホテル隔離(18:20)

コロナ治療に対応の民間病院リストを公開(18:20)

薬物などで逮捕の犯罪者解放、コロナ拡大で軍(18:20)

ミャンマー人監督の解放を、日本映画監督協会(18:25)

死者300人超え、新規感染は6701人(07/24)

休日を8月1日まで延長、コロナ拡大で(10:26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン