UOB銀、取引書類にデジタル署名導入

シンガポールのUOB銀行は、同国政府が提供する電子身分証明システム「シングパス」のデジタル署名機能を、同行の取引書類の署名に利用できるようにする。まず試験的に1年間実施する。国内の銀行として初の取り組みとなる。 シングパスのモバイルアプリに備わっている「サイン…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

シンガポール人、ESGへの認知度は高水準(10/22)

グラブ金融部門、ECサイト構築支援を開始(10/22)

感染対策違反で15店に営業停止処分、日系も(10/22)

新規感染3439人、死者16人(21日)(10/22)

サービス業で懸念広がる 制限延長、経済への影響は限定的(10/22)

9月の東南ア訪日者は47%減、低水準続く(10/22)

オーストラリアからの送電事業、5社が参加(10/22)

石炭輸送マンハッタン、再生エネ企業を買収(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン