• 印刷する

テイクオフ:ロックダウン(都市封鎖…

ロックダウン(都市封鎖)がマレーシア全土で開始されてから間もなく2週間。外で何もできない週末の楽しみは、国産紅茶「BOHティー」をのんびりベランダで飲むことだ。しかし、素晴らしい時間を提供してくれる紅茶が今、気候変動で危機にさらされているようだ。

ある調査によると、世界最大の紅茶輸出国であるアフリカのケニアでは、異常気象によって茶樹が激減する恐れがある。さらに洪水と降水量の増加によって茶葉の質が変化し、紅茶の味わいが損なわれる可能性も指摘されているという。

今はまだ気候変動の影響を日常生活で感じることはそれほど多くないが、長い目で見ると確実に地球をむしばんでいる。買い物の際に袋を持参したり、自室のエアコンの設定温度を上げたりするなど日頃のちょっとした工夫が、幸福なひとときを守ることにつながるのだと肝に銘じたい。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(16:03)

LRT3号線建設現場で足場崩壊、1人死亡(15:29)

ICU病床使用率100%超え 首都圏などで医療体制逼迫(07/30)

新規感染1.7万人、累計107.9万人(07/30)

緊急事態勅令の撤回、国王は同意せず=王室(07/30)

RM1=26.0円、$1=RM4.23(29日)(07/30)

ジョ州、「経済の最前線」向け接種を開始(07/30)

小売業の全従業員にワクチン接種義務付けへ(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン