• 印刷する

シエムレアプの一部、感染深刻な地域に指定

カンボジア北西部のシエムレアプ州政府は9日、州内の一部を新型コロナウイルスの感染状況が深刻な地域に指定した。クメール・タイムズ(電子版)が10日伝えた。

深刻な地域に相当するレッドゾーンに、ソニクム地区のカンポンクリアン(Kampong Khleang)を指定した。また、チクレン地区のコーク・スロック・クラホルム(Kork Thlok Krahorm)を感染拡大の恐れがあるオレンジ(ダークイエロー)ゾーンとした。期間は9~22日の2週間。

シエムレアプ州政府は9日夜、新たに49人の陽性が確認されたと発表した。累計感染者数は300人近くとなった。ソニクムとチクレンの2地区では連日、新規感染者が2桁に上っている。両地区の市中感染は、地元当局の職員が参加した会食から広まったとされている。

同州では9日、マスクを着用しない者などに対する取り締まりが始まった。州警察や軍警察、保健当局の職員で構成される組織が中央市場で取り締まりを行い、違反者に罰金を科した。

同州政府がマスク着用に関する法令違反で罰金を科したのは、今回が初めて。法令では、マスクが必要と保健省が定めた場所で警告に従わずに適切な着用を拒否した場合、20万~100万リエル(約5,400~2万6,800円)の罰金が科されると規定されている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シエムレアプの一部、感染深刻な地域に指定(06/11)

現金給付開始、コロナ感染者と困窮者対象(06/11)

中国外相、カンボジアへの支援を再表明(06/11)

ソコン外相がタイと協議、コロナ対策など(06/11)

パリバゲット、カンボジア首都に1号店(06/11)

コロナワクチン100万回分、中国から到着(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン