• 印刷する

《日系進出》マクアケがソウル拠点、韓国事業者を支援

サイバーエージェント傘下で応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」を運営するマクアケ(東京都渋谷区)は10日、ソウル市麻浦区に韓国拠点を設立したと発表した。同社の海外拠点設立は初めて。

韓国拠点では、日本への事業展開を目指す韓国事業者の支援をはじめ、現地企業向けのセミナーや説明会などを実施する。「Makuake」でプロジェクトを成立させた事業者には製品開発や企画案などへのアドバイスやPR、広告運用などを手掛ける計画だ。

「Makuake」は、プロジェクトを実行する事業者が、サポーター(資金支払者)から預かった資金で新規事業を展開し、サポーターはその成果に商品などのリターンを得る仕組み。寄付や投資の意味合いが強いクラウドファンディングとは差別化している。韓国拠点では、2022年6月までにプロジェクトの資金援助額(応援購入総額)15億円を目指す。

マクアケは17年から韓国事業を本格化し、この4年間で620件のプロジェクトをサービスサイトに掲載。20年の資金援助額は前年比で1.5倍以上に拡大している。

マクアケ韓国支社代表者の金谷美玲氏(同社提供)

マクアケ韓国支社代表者の金谷美玲氏(同社提供)


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、5日ぶり400人台(11:56)

旅行業界、需要増で営業再開 ワクチン接種拡大で日常へ(下)(06/11)

コロナ新規感染者、2日連続の600人台(06/11)

現代自など大手4社、9月に水素協議体発足(06/11)

韓国の石油化学とタイヤ、輸入規制47件(06/11)

マクアケがソウル拠点、韓国事業者を支援(06/11)

サムスン、画素サイズ最小のセンサー発売(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン