社会・経済活動の制限緩和 14日から段階的、企業支援は拡充

シンガポール保健省は10日、新型コロナウイルスの感染対策として導入している社会・経済活動の制限を段階的に緩和すると発表した。市中感染が減少しているためで、14日から「第3期の高度警戒」と呼ぶ体制に移行。集団活動の人数の上限を5人に引き上げる。21日からは店内飲食など…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/11)

高齢者施設、コロナで注目 日本へ迫る長寿国に商機(上)(14:46)

空港併設の商業施設、14日から入場再開(17:27)

繁華街の商業施設、複数感染で4日間閉鎖(15:22)

ゲンティン、横浜IRの事業者に応募(16:45)

香港との隔離なし往来再開、7月に判断(13:32)

豪と隔離なし往来再開へ、首脳会談で合意(15:23)

チャンギ空港、貨物輸送が回復基調(16:45)

UOB銀、取引書類にデジタル署名導入(13:34)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン