• 印刷する

サンミゲル、パシッグ川の浄化作業開始

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は9日、マニラ首都圏を流れるパシッグ川の浄化作業を8日に開始したと明らかにした。実施期間は5年間で、国内最大規模の河川浄化事業となる。マニラスタンダードなどが伝えた。

特殊機材を用いて、1カ月当たり5万トンの泥や廃棄物などの除去を目指す。事業費は当初予定していた金額の2倍に当たる20億ペソ(約45億9,000万円)を投じる。

港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)傘下のICTSI財団も9日、100万米ドル(約1億950万円)を投じて、パシッグ川のプラスチックごみ回収を実施すると発表した。1日70~200トンの回収を目指す。フィンランドの非政府組織(NGO)リバーリサイクルと提携する。

米科学振興協会(AAAS)の研究によると、パシッグ川は世界で最もプラスチックごみによる汚染が深刻な川。世界のプラスチック汚染の原因となっている河川の28%がフィリピンにあると示した。


関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日が落ちた頃、路上に体…(10/28)

いすゞ、工場に太陽光発電 22年半ば稼働、三菱商事など受注(10/28)

新型コロナ感染3218人、5カ月ぶり低水準(10/28)

未成年への接種、11月3日から対象拡大(10/28)

首都圏5市、コロナ集団免疫の獲得水準に(10/28)

11月末に新規感染2千人下回る、比大機関(10/28)

セブパシ航空、複数出発便にPCR検査不要(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン