• 印刷する

アズビル、ビル管理のデジタルシステム開発

アズビルがシンガポールに持つショールームでは、IBMS向けの新デジタルソリューションなどを展示する予定だ(同社提供)

アズビルがシンガポールに持つショールームでは、IBMS向けの新デジタルソリューションなどを展示する予定だ(同社提供)

計測機器大手のアズビル(東京都千代田区)は、海外向け統合型ビルディング・マネジメントシステム(IBMS)の新デジタルソリューションの開発をシンガポールで開始したと発表した。同国の経済開発庁(EDB)の支援を受ける。建物の状態などを遠隔で管理するソリューションを構築し、将来的には東南アジア事業で導入する計画だ。

IBMSは、大規模な複合施設の空調、電気、衛生、照明、防犯、エレベーター、駐車場といった各種設備のシステムを一括管理することで、エネルギー消費量やテナント情報を効率的に管理できるシステムだ。

アズビルが新たに開発するデジタルソリューションでは、建物や居住者の安全性・利便性の向上、運用コスト削減、エネルギー効率改善などを目指し、建物や居住者の状態を遠隔で確認・管理するデジタルインフラを構築する。

近年は、入居テナント向けのサービスを向上させたり、省エネルギー化を進めたりする上で、設備管理システムのデータを活用するニーズが高まっている。一方、スマートシティー化が加速する中で各種ソリューションが孤立して開発されるため、情報のサイロ化(縦割り)が発生。ソリューション全体を効率的に運用することで得られる便益が妨げられているという課題もある。

アズビルはこうした現状を受け、人工知能(AI)やビッグデータなどを利用したIBMS向けの新デジタルソリューションの開発プロジェクトに着手した。経済開発庁からの具体的な支援形態については明らかにしていない。

アズビルの広報担当者はNNAに対し、「開発した新デジタルソリューションは東南アジアで導入する。日本を含む他国・地域への導入は検討中だ」と述べた。

IBMS向けの新デジタルソリューションや、遠隔から建物を運営・管理するシステムのイメージ図などは、アズビルがシンガポールに持つショールームで展示する予定だ。


関連国・地域: シンガポール日本ASEAN
関連業種: 建設・不動産IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

労働市場の回復にブレーキ 2四半期ぶり雇用減、外国人顕著(07/31)

新規感染120人、経路不明は42人(31日)(07/31)

DBSとテマセク、借入金融で提携(07/31)

6月銀行貸出残高、2年9カ月ぶり高い伸び(07/31)

ケッペルの業績急回復、1~6月は黒字転換(07/31)

シンガポール航空、4~6月は赤字大幅縮小(07/31)

新規感染139人、経路不明は52人(30日)(07/31)

電子コミックの新興INKR、3億円調達(07/30)

警備サーティス、東部モールにロボット(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン