食料雑貨で近代小売り拡大 25年にシェア10%、EC普及加速

インドの食料雑貨市場は今後、モダントレード(大手スーパーマーケットなど組織化された小売業者)と電子商取引(EC)からなる近代小売りが急拡大すると見込まれている。モダントレードとECが占める割合は2019年時点で5.1%だったが、25年には10.1%を占める見通し。特にECは…

関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ケララの感染拡大収まらず 政府が調査隊、今週末は完全封鎖(07/30)

アショク、英スイッチ通じ電動車事業を推進(07/30)

現代自、24年までにEVの新モデル発売(07/30)

独VW、タイグンの生産を来月18日に開始(07/30)

車8社の世界販売29%増、コロナ前には及ばず(07/30)

タタ自、ネクソンEVをネパールで発売(07/30)

トヨタ世界販売、過去最多546万台・2年連続首位(07/30)

電動車の登録台数、過去3年間で52万台(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン