• 印刷する

子どもへのワクチン接種承認、シノバック製

中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の尹衛東董事長は4日、中国国営中央テレビ(CCTV)のニュース番組に出演し、3歳から17歳までの子どもへの新型コロナウイルスワクチン接種について緊急使用が承認されたと明らかにした。

尹氏によると、現在までに3歳以上の子どもへの第1~第2相(フェーズ1~2)の臨床試験を終え、「18歳以上と同様の安全性と抗体レベルを確認した」と話した。ただ、子どもへの接種を始める時期については、「衛生当局の専門家が中国の現在の需要などに基づいて進めていく」と説明した。

世界保健機関(WHO)は1日、シノバック製コロナワクチンの緊急使用を承認した。WHOは18歳以上を対象に2~4週間の間隔で2回接種することを推奨している。

尹氏はまた、中国の大規模なワクチン接種に向けて供給を急拡大しており、国内の接種回数は6月末までに10億回を超えるとの見通しを示した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シノファーム製ワクチン、第2陣が到着(18:37)

中国の成長率予測8.1%を堅持、ADB(16:17)

テイクオフ:広州できょう、日系大手…(09/22)

中国との経済関係強化を急ぐ TPPの参加申請も近く決断か(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

上汽五菱、国産半導体9割に 需給逼迫受け海外依存脱却へ(09/22)

TPP加入、中国が正式申請(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン