• 印刷する

SK、水素製造の米スタートアップに出資

米モノリスの水素製造施設(SK提供)

米モノリスの水素製造施設(SK提供)

韓国SKグループの投資専門会社SKは3日、水素製造技術を手掛ける米国スタートアップ、モノリスに出資したと発表した。出資額は非公表だが、同社取締役会での議席は確保したもよう。モノリスの先端技術を活用して、グループで推進する水素事業の強化につなげる。

モノリスは、天然ガスに多く含まれるメタンから水素と固体炭素を取り出す先端技術を持っている。天然ガスを直接熱分解することで、水素製造過程で二酸化炭素(CO2)が排出されないため、カーボンニュートラル(炭素中立)実現に向けて欠かせない技術として期待されている。

SKグループは、水素燃料のインフラ整備に計18兆ウォン(約1兆7,100億円)を投じ、2025年までに年間28万トンの水素供給体制を整える計画を立てている。モノリスのノウハウを通じて、CO2が発生しないクリーンな水素を供給していく考えだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2008人増(09/19)

ワクチン1回目42.8万人増、接種率69.0%(09/19)

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に(09/22)

JKN、通信インタッチの通販合弁を買収(09/22)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン