再生エネ事業、3月時点で900件超え

フィリピンのエネルギー省は2日、2008年制定の再生可能エネルギー法の下で導入された再生エネ事業の総設備容量が、21年3月末時点で569万5,820キロワットだったと発表した。事業総数は927件に上った。 電源構成の内訳を件数別に見ると、水力発電が407件と最も多かった。以下、太…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末の朝、近所の家族が…(09/21)

対面授業再開へ、1年半ぶり 120校で試験導入、感染少ない地域(09/21)

遠隔授業でカンニング横行、SNS利用(09/21)

新型コロナ、新たに1万8937人感染(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

電子決済ペイマヤ、デジタル銀の免許取得(09/21)

ブラカン給水事業、23年に第3期開始(09/21)

GNパワー、石炭発電所の運転再延期(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン