【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(4月) 主要6カ国全てで上昇、タイは約8年ぶり高水準

東南アジア諸国連合(ASEAN)の2021年4月の消費者物価指数(CPI)は、主要6カ国全てで前年同月から上昇した。最も上げ幅が大きかったのはマレーシアで、4.7%上昇した。タイは3.4%上昇となり、8年4カ月ぶりの高水準を記録。石油・生鮮食品の価格上昇や、政府による電…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ヤマト、地場EC物流企業に出資(21:13)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(19:41)

医療大手ラッフルズ、中間決算は2.3倍増益(19:41)

テイクオフ:毎年8月9日の建国記念…(07/26)

GIC運用利回り4.3%に拡大 6年ぶり高水準、株価上昇で恩恵(07/26)

シンガポール取引所、米FX企業を買収(07/26)

企業支援策を拡充、感染対策強化で(07/26)

通年のCPI予測、1~2%上昇に引き上げ(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン