美団の1Q決算、赤字拡大も売上高は倍増

出前サービス大手の美団(北京市)が5月28日発表した第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比2.2倍の370億1,600万元(約6,380億円)、純損益が48億4,600万元の赤字となった。前年同期は15億7,900万元の赤字だった。同社は新業務に力を入れるため、短期的には赤字が続く…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 食品・飲料IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前、本欄で我が家のシ…(08/06)

スマホ出荷、4~6月は減速 第2波影響も打撃は予想下回る(08/06)

遠のく本土との往来正常化 「回港易」縮小、検疫強化案も(08/06)

中古住宅の高騰抑制に新制度 参考価格を公示、40都市が導入も(08/06)

1~6月のEV販売、上汽五菱が世界2位(08/06)

東南アへワクチン供与拡大、中国外相(08/06)

家電の回収目標設定を要求、買い替え促進(08/06)

中国製ワクチン、保健省が情報提供(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン