【台湾企業】コーヒーでシェア4割の食品老舗 味全食品工業

1953年の創業後、しょうゆや缶詰などの生産を開始。現在は牛乳の「林鳳営」やコーヒーの「貝納頌」、ジュースの「毎日C」、うま味調味料の「高鮮」という4つの看板商品を持ち、広く消費者の支持を集める。中でも主力商品であるコーヒー飲料は台湾市場で4割を超えるシェアを握っ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾には「台風休み」と…(07/27)

SDGsで変わる台湾社会 オードリー・タン氏が語る(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

新型コロナの域内感染、26日は10人(07/27)

ワクチン第4ターム、83年以前生まれが接種可(07/27)

居留証持たない外国人、27日以降も入境禁止(07/27)

高端のコロナワクチン、公費対象に(07/27)

コロナワクチン接種率、目標の25%を達成(07/27)

TSMC、日本での工場設置へ協議(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン