コロナ警戒「第4級」に関心 政府、半導体企業の出勤継続検討

台湾で新型コロナウイルス感染症の域内感染者増加に歯止めがかからない中、台湾政府が定める警戒レベルのうち最も厳格な「第4級」への引き上げに関心が高まっている。第4級では全面的な出勤禁止が定められており、経済活動の継続に大きな支障が出る可能性が極めて高いためだ。た…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾には「台風休み」と…(07/27)

SDGsで変わる台湾社会 オードリー・タン氏が語る(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

新型コロナの域内感染、26日は10人(07/27)

ワクチン第4ターム、83年以前生まれが接種可(07/27)

居留証持たない外国人、27日以降も入境禁止(07/27)

高端のコロナワクチン、公費対象に(07/27)

コロナワクチン接種率、目標の25%を達成(07/27)

TSMC、日本での工場設置へ協議(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン