• 印刷する

シンガポール航空、成田経由LA線を再開

成田経由の米ロサンゼルス線に使用されるボーイング777―300ER機(シンガポール航空提供)

成田経由の米ロサンゼルス線に使用されるボーイング777―300ER機(シンガポール航空提供)

シンガポール航空は12日、新型コロナウイルスの感染拡大で運航を中止していた成田経由のシンガポール―米ロサンゼルス路線を再開すると発表した。6月16日から週5便で運航する。

シンガポール発のSQ12便は月・水・木・金・日の週5便を運航する。シンガポールを午前9時25分に出発し、成田に午後5時30分(現地時間)に到着。成田を同6時40分に出発し、ロサンゼルスに午後0時50分(現地時間)に到着する。

折り返し便(SQ11便)も月・水・木・金・日の運航。ロサンゼルスを午後2時20分に出発し、成田には翌日の午後5時50分に到着する。成田発午後7時、シンガポール着午前1時15分というスケジュールとなる。

シンガポール航空は同便の運航再開で旅客の利便性が高まるだけでなく、シンガポール―日本―北米間の貨物輸送能力も増強されると説明している。


関連国・地域: シンガポール日本米国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/11)

高齢者施設、コロナで注目 日本へ迫る長寿国に商機(上)(14:46)

空港併設の商業施設、14日から入場再開(17:27)

繁華街の商業施設、複数感染で4日間閉鎖(15:22)

ゲンティン、横浜IRの事業者に応募(16:45)

香港との隔離なし往来再開、7月に判断(13:32)

豪と隔離なし往来再開へ、首脳会談で合意(15:23)

チャンギ空港、貨物輸送が回復基調(16:45)

UOB銀、取引書類にデジタル署名導入(13:34)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン