• 印刷する

《労使》新型コロナの労災認定、先月までに79件

香港で新型コロナウイルスへの感染が労働災害として認定されたケースが、2020年1月から21年4月28日までに79件あることが分かった。このうち使用者が既に補償を行って解決したケースは11件にとどまる。

労働・福祉局の羅致光局長が12日、立法会(議会)への書面答弁で明らかにした。同期間に当局へ届出のあった、労災が疑われる新型コロナ感染事案は541件で、死亡事案が2件含まれる。このうち115件は、既に従業員が完全に回復したことで補償請求を取り下げたか、または使用者に補償責任がないことが確定している。

労災認定された79件のうち解決に至っていない68件は、感染による労働能力への影響などを評価する手続き待ちが63件、労働者が補償請求を取り下げた事案が5件となっている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

壱伝媒、事業失い存亡の危機 蘋果日報と壱週刊がともに廃刊(06/25)

蘋果日報、26年の歴史に幕(06/25)

域内で1人感染、「L452R」変異株(06/25)

インドネシア発の旅客機、25日から着陸禁止(06/25)

ワクチン接種200万人を突破、接種率は3割(06/25)

続伸、ハイテク株好調続く=香港株式(06/25)

香港航空、700人の人員削減実行へ(06/25)

地場物流ララムーブ、米国でIPO申請か(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン