バンテン州のハラル工業団地、開発を加速

インドネシア産業省は、ハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)製品の生産工場が入居するハラル工業団地の開発を加速している。首都ジャカルタ西郊のバンテン州セラン県では、国内初のハラル工業団地「モデルン・ハラル・バレー」(敷地面積500ヘクタール)の建設が急ピッチ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅アパートの共用庭が…(06/24)

コロナ対策費の引き上げ要請 1000兆ルピア超も、感染拡大受け(06/24)

首都の映画館やゴルフ場、7月5日まで休業(06/24)

首都で病床ひっ迫、ICU使用率は8割超(06/24)

三井物産、東ジャワの石炭火力発電所を売却(06/24)

JAPEX、CO2地中貯留を事業化調査へ(06/24)

ガルーダ、ジャカルタ発の香港便一時停止(06/24)

ヘリ運航のジャヤ、年末にドローン物流参入(06/24)

インドサット、ソロで5Gサービス開始(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン