貧困が深刻化、新型コロナとクーデターで

ミャンマーで貧困が深刻化しつつある。新型コロナウイルスの感染拡大が続いていたところに、2月の軍事クーデターが追い打ちをかけ、状況が一段と悪化した。米系メディアのラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日伝えた。 政治アナリストのアウン・トゥ・ネイン氏は、「もともと…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

10日時点の死者は860人、前日から2人増加(13:13)

コロナ感染、4日連続で100人超え=10日(13:14)

2・3月CPI、上昇が顕著 クーデター後の物価影響じわり(06/11)

スー・チー氏、汚職容疑でも訴追(06/11)

コロナ死者が新たに5人、感染者136人(06/11)

電動自動車の輸入を促進、商業省が会議(06/11)

5月までの鉱物輸出、6.2億ドルに半減(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン